インターンシップ

  1. TOP
  2. インターンシップ

インターンシップ

挑戦のフィールドは塩尻にある。

塩尻市では、NPO法人ETICが主催する「地域ベンチャー留学」と連携して、塩尻商工会議所がコーディネーターとなり「実践型インターンシップ」を行っています。
首都圏の学生が、夏休み・春休みの長期休暇を使って、地域企業の新たなチャレンジや経営課題解決のプロジェクトに対して、取り組み成果を発表することで、自己啓発・社会生活のノウハウを身につける取り組みです。
また、この取り組みを通じて、塩尻を知って、塩尻を大好きになってもらうことも大きな目的でもあります。
平成26年度から受け入れを開始して、今までに50人の学生がチャレンジして、4名の学生が塩尻に就職してくれ、活躍してくれています。

塩尻市実践型インターンシップの特徴

①インターン生同士の交流

塩尻での生活は、合宿・研修旅館「陽だまりの家」で共同生活をしてもらいます。
みんなで生活する中で、初めて会う人とも早い段階で人間関係が構築でき、それぞれのプロジェクトでの悩みを相談できたり、いいアイデア・意見をもらったりと交流を通じて、今までとは違う形での仲間をつくることができます。

②多くの地元人・大人との交流

プロジェクトに取組む以外にも、塩尻のイベントに参加したり、市内の企業の社長さんたちが集まる会議・交流会などにも参加したりと様々な人たちと出会い、会話できる機会があり、人間としての視野を広げることができます。
また、実践型インターンシップは塩尻市が全面バックアップしてくれているので、行政関係の方々とのつながりができるのも魅力のひとつです。

③経営支援のプロがサポート

日々市内企業の経営支援や地域振興をしている商工会議所の職員がコーディネーターをしています。
会議所だからできるプロジェクト作成から始まり、受け入れが始まったその日から、皆様に常に寄り添う相談相手になり、様々なネットワークを使って課題解決に結び付けるサポートをいたします。

④宿泊費無料(食事は自炊)

塩尻での生活の費用も気になるところですが、
・宿泊費は無料
・活動支援金を支給
・朝はタクシーで会社まで送迎(帰りは受け入れ企業が対応)
・塩尻までの交通費も負担いたします。
ただし食事は陽だまりの家での自炊や外食となります。

塩尻のインターンシップにチャレンジしたい学生はこちらをご覧ください

—–受入企業も募集しています!—–

塩尻商工会議所または塩尻地区労務対策協議会の会員事業所の方が対象となります。

お問い合わせ・お申込みは、
塩尻商工会議所(0263-52-0258)までご連絡ください。