経営支援情報

  1. TOP
  2. 経営支援情報
  3. 経営相談
  4. 各種申請・証明
  5. GS1事業者コード(旧JAN企業コード)

GS1事業者コード(旧JAN企業コード)

GS1事業者コードとは

GS1事業者コードとは、国際的な流通標準化機関が定めた企業等の事業者を表すコードです。GS1事業者コードを取得することにより、JANコードを利用することができます。
※平成24年4月より「JAN企業コード」は「GS1事業者コード」へと名称変更しました。

JANコードとは

JAN(Japanese Articele Number)コードは、日本の共通商品コードとして流通システムの重要な基盤となっています。JANコードはバーコード(JANシンボル)として商品などに表示され、POSシステムをはじめ、受発注システム、棚卸、在庫管理システムなどに利用されています。

JANコードには以下のような特徴があります。

  1. 一つ一つの商品を国際的に唯一の番号で”識別”することができます。
  2. 従来の包装資材、インクを用いて印刷できる低コストのシンボルです。
  3. 自動読取装置(スキャナ)による読み取り操作が容易です。
  4. UPC、EANと互換性を有する国際的なコードであるため、そのまま輸出できます。

JANコード表示まで

GS1事業者コードの登録更新

新規登録

申請方法は「インターネットによる申請」または「登録申請書による申請」のいずれかをお選びください。

登録にかかる日数は通常、商工会議所に申請書を提出してから約2週間を要します。
余裕をもって申請してください。
登録にかかる費用は業態によって異なりますのでご注意ください。

更新

GS1事業者コード貸与の有効期限は、初回登録した翌月1日から3年間です。3年ごとに更新手続きが必要です。
更新時期の1~2ヶ月前に、(一財)流通システム開発センターより更新手続きの案内書類が届きます。

また、申請後に登録内容(事業者名、住所、担当者等)の変更が生じたときは、必ず変更の手続きを行ってください。

問い合わせ

一般財団法人流通システム開発センター TEL:03-5414-8511